ロゴ

プリンターの目詰まりゼロに!メンテナンスは定期的に

使うインクにも注意

プリンターに使用するインクも気をつけて利用するようにしましょう。互換インクやリサイクルトナーなどは使い方を間違えると目詰まりの元になりますので、目詰まりのサインや注意すべきポイントをきちんと押さえておくことをおすすめします。

目詰まりが起こっているサイン

  • 印刷するとスジが入る
  • 色がきちんと出ていない
  • 黒字で印刷されるところだけ印刷されていない
  • 途切れて印刷されているところがある

適切に扱う

通常のプリンター同様に3Dプリンターも精密な機械となっているため、些細なことで故障してしまう可能性があります。そのため使用上の注意をしっかりと守り、不明なことやトラブルが起きた場合に備えて解決策などをあらかじめ用意しておくようにしましょう。

プリンターのインクに関する疑問・質問コーナー

プリンターの操作

急に色がおかしくなった場合どうしたらいいですか?

今までは綺麗に印刷が出来ていたなら、インクの目詰まりが原因の可能性が高いです。一度インクカートリッジを取り外して、新しい物と交換してみましょう。それでも直らない場合はメーカーに問い合わせることをおすすめします。

ヘッドクリーニングの手順が分かりません!

ヘッドクリーニングはプリンターが自動で行なう機種もあれば、手動で操作が必要になる場合もあります。メーカーのホームページや取り扱い説明書などを参考にするか、リース業者に問い合わせをする方がよいでしょう。

3Dプリンターのインクは高いですか?

3Dプリンターで利用するカートリッジは着色剤と接着剤の二種類になります。通常のプリンターよりもコストは掛かってしまいますが、平面でなく立体的なものを制作できる3Dプリンターの性質上仕方がないことと言えるでしょう。

メンテナンスはどれくらいの頻度で行なえばよいですか?

自動的にヘッドクリーニングが行なわれる機種ならば、インクの交換程度で問題ないでしょう。またリースのコピー機やプリンターを利用している場合、メンテナンスは業者が行なってくれるので適切な使い方をしていれば気にすることはありません。

プリンターのトラブルシューティング!【目詰まりサインを見逃すな】

プリンター

プリンターのトラブル

通常プリンターのトラブルとして目詰まりが多いとされていますが、3Dプリンターの場合はどうでしょうか。3Dプリンターも通常プリンター同様に目詰まりを起こしやすいですが、詰まる場所が少し異なっています。接着剤や着色剤を出すノズル部分が3Dプリンターではよく詰まるので、定期的な掃除やメンテナンスを行なうようにしましょう。